読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スズキオンライン

なにか役立つことを書きたいです

劇場版『魔法少女まどか☆マギカ』特典フィルムは未開封でも1000~2000円で取引されている

スポンサーリンク

 昨日は『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』と渋谷ロフトのコラボについて書いたのですが、この映画はほかにもさまざまな試みを行っています。中でも、注目を集めているのは来場者プレゼントでしょう。上映1週目は色紙、2週目はポストカード、3週目は35mmフィルムコマがもらえるのです。

 その3つの中でも、特に人気があるのがフィルム。同じものは2つとないということで、何度も映画館に通って集めている人もいるようです。

 →「劇場版『まどか☆マギカ』最後の特典フィルムが配布される! ヤフオクでも高値取引

 ヤフオクでも出品が目立っているのですが、いったいどのくらい取引されているのか? そこで、オークファンで「フィルム まどか」と検索して落札履歴を調べたところ、落札数は次のようになりました。これだけ流動性が高いと、株のように相場師みたいな人が出てきてもおかしくないですね。

・11月9日 99件

・11月10日 729件

・11月11日 691件

 高額の落札履歴をチェックすると、ほとんどはキャラクターのアップシーン。一番高いのは鹿目まどかの変身シーンで13万1000円でした。最高値は鹿目まどかですが、全体としてはほむほむこと暁美ほむらの人気が高いです。

f:id:michsuzuki:20131113084406j:plain

 もちろん高く売れるフィルムがある一方、見向きもされないフィルムもあって、よく分からないシーンは100円くらいで取引されていました。もちろん入札がないフィルムもあるでしょう。ただ、アップシーンなのに関わらず、早乙女和子先生は111円で取引されていたり……。

f:id:michsuzuki:20131113084632j:plain

 未開封フィルムの出品も多くあって、相場は1枚1000~2000円。一般的な映画入場料は1800円なので、うっかりすると元が取れる計算です。

 フィルムの配布は11月9日から始まったのですが、面白いのは未開封フィルムは11月9日以前にも出品があること。これは先物取引のようなもので、特典を手に入れることを見越して、出品しているようです。その甲斐あってか、11月7日には未開封フィルム5枚2万円での落札履歴がありますね。

 転売目的なのかどうかは分からないですが、新宿バルト9では買い取りをやっている人もいるとか。

 相場に注目する側としては、フィルムの配布が終了したときや1カ月後などにどのような価格推移をたどるのか興味深いところです。