スズキオンライン

なにか役立つことを書きたいです

『アクセル・ワールド』最新刊に川原礫さんの新作『絶対ナル孤独』(仮題)の告知があった

スポンサーリンク

 2月10日に発売された『アクセル・ワールド (16) ―白雪姫の微睡―』(電撃文庫)。長かったISSキット編もようやく終わったなあと思いつつ、巻末の広告を見たら、何と川原礫さんの新作『絶対ナル孤独』(仮題)スタートが予告されていました。

f:id:michsuzuki:20140908003718j:plain

  『絶対ナル孤独』は『ソードアート・オンライン(SAO)』と同じく、もともとウェブ小説として発表していたもの。文庫版発刊とともにネットから削除されていったソードアート・オンライン(と違い、まだ発刊されていないので、川原礫(ハンドルネーム:九里史生)さんのサイトで公開されています。

 →絶対ナル孤独 ABSOLUTE SOLITUDE(WordGear)

  少し読んだところでは、オンラインゲームをテーマにしていた『ソードアート・オンライン』『アクセル・ワールド』と違い、宇宙を舞台にした正統派SFのように感じます。

 『絶対ナル孤独』の執筆期間は2004年11月23日から2009年7月20日まで。プロデビュー作『ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド』の発売日が2009年4月10日なので、電撃大賞を受賞して、プロになってからも投稿していたようです。

 『ソードアート・オンライン』『アクセル・ワールド』と新シリーズを並行して進めるのはさすがに難しいだろうと思ったら、どうやら気合いで同時進行させる様子。『アクセル・ワールド』は主要キャラクターが全員登場して、終わりが見えてきたと思っていたんですけどね。

 『ソードアート・オンライン』と違って、『絶対ナル孤独』は文庫版刊行以後もWeb版を削除しないようですが、時間のある時にでも読んでみる予定です。

アクセル・ワールド (16) ―白雪姫の微睡― (電撃文庫)

アクセル・ワールド (16) ―白雪姫の微睡― (電撃文庫)