スズキオンライン

なにか役立つことを書きたいです

立ち食いステーキで人気の「いきなり!ステーキ」のランチを食べてきた@東京・銀座4丁目店

スポンサーリンク

 月曜、ヤフーニュースのトップに次のような記事が掲載されました。

 →立ち食いステーキが人気 年内に都内10店、NYにも出店へ(THE PAGE)

 「いきなり!ステーキ」というお店が立ち食い形式で回転率を上げることで、銀座で割安に高品質なステーキを提供することが可能になったという話。イタリア料理やフランス料理での“俺の”シリーズの躍進が連想されます。

 運営しているのはペッパーランチを運営するペッパーフードサービス。初めて聞いた話だったので、実際はどんなものなのか、1号店の銀座4丁目店に行って確かめることにしました。

 訪れたのは火曜の14時ごろ。混雑する時間帯は外れているはずなのですが、店の前には20人ほどの行列ができていました。銀座ということもあってか、年齢層は30~50代と高め。平日ですが、スーツの人は少なかったです。

f:id:michsuzuki:20140408140710j:plain

 入り口には料理人の写真が飾ってあります。これは“俺の”シリーズを意識したものでしょう。

f:id:michsuzuki:20140408143245j:plain

 リブロースステーキはグラム5円、サーロインステーキはグラム7円、ヒレステーキはグラム8円。また、ランチメニューとして、ステーキ300グラムを1050円、ハンバーグ300グラムを1000円で提供しています。

 ただ、他店と比べると確かに安いのですが、同系列のペッパーランチではステーキ300グラムを1150円、ハンバーグ200グラムを860円で出しているので、そこまで安くないような気がしないでもありません。

f:id:michsuzuki:20140408143329j:plain 30分ほど待って店内へ。狭い店内に30人ほどが入れるスペースがあります。当然、イスは見当たらず。とりあえず、ランチメニューの300グラムステーキを注文しました。

f:id:michsuzuki:20140408143821j:plain

 調理している様子は客席からも見えるようになっています。スタッフは5人ほどで回しているようです。

f:id:michsuzuki:20140408150350j:plain

 壁にはワインの陳列。BGMとしてジャズが流れています。このあたりも“俺の”シリーズを強く意識していると感じられます。しかし、メニュー表の安っぽさなどを見ると、ブランディングに失敗している雰囲気もあります。

f:id:michsuzuki:20140408143850j:plain

f:id:michsuzuki:20140408144005j:plain

 5分ほどでスープとサラダ、少し遅れてステーキが届きます。

 とりあえずレアで届けて、それ以上はプレートの余熱で焼いてねという方式ですね。

f:id:michsuzuki:20140408144155j:plain

f:id:michsuzuki:20140408144420j:plain

 ステーキには、特製のホットステーキソースや塩こしょうをかけて食べます。

 ただ、正直、肉が結構固く、品質が高いとはとても思えず。もちろんマズイわけではないのですが、既存のペッパーランチとの差が見えてきませんでした。

f:id:michsuzuki:20140408144026j:plain

f:id:michsuzuki:20140408143913j:plain

 スタッフの方によるとヤフーニュースに載る前から行列ができていたということなのですが、客単価が高い銀座だから成立する業態で、地方だと厳しいんじゃないかなあと思ったり。

 報道を受けて、ペッパーフードサービスはストップ高となっているのですが、先行きに不安なものを感じました。

f:id:michsuzuki:20140409012413g:plain