スズキオンライン

なにか役立つことを書きたいです

ラブライブ×ローソンのお菓子キャンペーンでクリアファイルとミニライトをゲットした #lovelive

スポンサーリンク

f:id:michsuzuki:20140429075153j:plain

 「ラブライブ!」2期の放送に合わせて、ローソンとのコラボキャンペーンが行われています。これまで数回にわたって行われてきたのですが、今朝7時に最後のキャンペーンが始まりました。

 →ラブライブ!×ローソン キャンペーン(ローソン)

 それはお菓子キャンペーンというもので、期間中に対象のお菓子を2個買うとオリジナルクリアファイル(全9種)、5個買うとミニライトがもらえるというもの。お菓子の値段は通常と変わらないので、なかなかお得なキャンペーンです。

 キャンペーン期間は4月29日から5月12日となっているのですが、過去のキャンペーンを振り返るに、実質的に先着順と言っていいでしょう。

f:id:michsuzuki:20140429073632p:plain

 僕はラブライブの舞台である秋葉原付近に住んでいながら、今までラブライブ関連のお祭りに参加したことがなかったので、今回は参加してみることにしました。

 7時からスタートということで、6時半ごろに自宅を出て、まずは自転車でいくつかのローソンを下見に。

 画像は上から順に岩本町三丁目店、秋葉原北口店、上野五丁目店。最初に行った岩本町三丁目店ではキャンペーン目当てのラブライバーは見当たらなかったのですが、駅に近い秋葉原北口店と上野五丁目店では店内に6人ほどの行列ができていました。

f:id:michsuzuki:20140429064535j:plain

f:id:michsuzuki:20140429064906j:plain

f:id:michsuzuki:20140429065352j:plain

 行列ができている店舗は避けようと、キャンペーンスタートに合わせて岩本町三丁目店に戻ると仲間のラブライバーが1人。どの店舗にもいるものなんですね。

 7時になると同時にとりあえずお菓子7個を買って、ミニライトと高坂穂乃果さんのクリアファイルをもらいます。

 ほかのお客さんを見ると、クリアファイル全種類とミニライトをもらおうと2個×9人分+5個=23個のお菓子を入れるためのカゴを持っていました。キャンペーンの対象となるお菓子も23種類なので、ローソン側としてもそういう買い方を想定しているのでしょう。ま、まあ真のラブライバーならそうですよね。にわかラブライバーですみません……。

 7時を過ぎると、ラブライバーが続々と入店していき、お菓子を品定めしていきます。まるでニンジャのように現れてきたような感じですが、時間前から並ぶのは気が引けるという感覚は分かります(笑)。

f:id:michsuzuki:20140429075153j:plain

 せっかくなので、ほかの店舗も偵察することに。

 時間前から行列ができていた秋葉原北口店ではクリアファイルが早々に品切れ状態になっていました。

f:id:michsuzuki:20140429070703j:plain

 これは大変なことになるなと思っていたら、店員さんがクリアファイルを補充。

 やっぱり在庫あるんですねと話しかけると、ミニライトの補充はないとのこと。店員さんいわく、ミニライトは基本的に1店舗3個(一部の店で6個)しか用意していないそうです。恐らくほとんどの店舗でミニライトは瞬殺だったのではないでしょうか。

f:id:michsuzuki:20140429071158j:plain

 しかもミニライトは面白い仕掛けがあって、ライトをつけるとμ'sのロゴが浮き上がります。なんかヤフオクが盛り上がりそうな気がします。

  同じく行列ができていた上野五丁目店でも、クリアファイルは残っていたものの、ミニライトはなし。秋葉原が舞台の作品なので、このあたりのローソンの在庫は多めにした方が良かったんじゃないかなあとも思ったりしました。この時点でキャンペーン開始から20分くらいしか経ってなかったですし。

f:id:michsuzuki:20140429071748j:plain

 ちなみに上野五丁目昭和通店では7時から停電で、9時半から営業開始するため、お菓子キャンペーンも9時半から行われるのですが、ここでも気合いの入ったラブライバーが行列を作っていました。

 クリアファイルは近くの普通に営業している店舗でも手に入るので、恐らくミニライト目当てなのでしょう。

f:id:michsuzuki:20140429071542j:plain

 3店舗+1店舗(停電)を回った結果、見かけたラブライバーは1人を除いてすべて男性。10~20代が中心で、10代はグループ、20代は個人で来店している雰囲気がありました。

 “嫁”が1期ごとに変わるとも言われるアニメファンですが、このラブライブ人気がどこまで続くのか注目したいところです。