読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スズキオンライン

きまぐれに更新しています

加藤一二三九段の夕食二手指し(カキフライ定食+チキンカツ定食)を再現してきた@千駄ヶ谷・みろく庵

東京のグルメ(秋葉原周辺以外)

スポンサーリンク

 先週末に電王戦FINAL第1局が始まり、不利と噂されていた人間側・斎藤慎太郎五段が勝ったことで、盛り上がっている将棋界。

 コンピュータ側は第4局のPonanza、第5局のAWAKEが別格の強さとされています。そのため、人間側が勝ち越すためには第2局と第3局、特に人間側が後手番の第2局が重要になってくるので、今週末の第2局は注視したいところです。

 さて、ニコニコ生放送で棋戦の中継が始まるようになってから、棋士の個性がより注目されるようになってきましたが、中でも言及される機会が多いのが加藤一二三九段でしょう。強烈な個性を持った75歳の現役棋士は、盤上・盤外でさまざまなエピソードを持っています。

 →加藤一二三伝説

 そんな加藤九段が新たな伝説を作ったのが先月のこと。

東京で対局している棋士の夕食の注文は以下の通りです。 加藤九段 チキンカツ定食、カキフライ定食(み) 三枚堂四段 肉豆腐定食(み) 岡崎六段 鶏せいろそば(ほ)  小倉七段 山かけそば(ほ) 藤森四段 鍋焼きうどん(ほ) 中座七段 すき焼きうどん+モチ増量(み)

— tmksStyle (@tmksStyle) 2015, 2月 12

@tmksStyle 間違いだと思いますけど、ひふみん2つも?

— ユーベ将棋部部長 (@JUVE0824love) 2015, 2月 12

@JUVE0824love 間違いじゃないですねえ。ここでひふみんが新手を。 「夕食の注文は加藤がチキンカツ定食とカキフライ定食(みろく庵)。一人でふたつの定食はちょっと記憶にない。三枚堂は肉豆腐定食(みろく庵)を注文した。対局は19時に再開する。」

— tmksStyle (@tmksStyle) 2015, 2月 12

  高齢になっても衰えない食欲に将棋ファンの間に衝撃(?)が走ったのです。

 →ベテラン棋士加藤一二三九段(75)が夕食に「カキフライ定食」と「チキンカツ定食」をダブル注文騒動まとめ (Togetterまとめ)

 しかし、加藤九段が注文したカキフライ定食+チキンカツ定食とは、実際、どのくらいの量だったのか? ちょうど新宿に行く用事があったので、その帰りに千駄ヶ谷に寄り、出前の注文があった『みろく庵』を訪れてみることにしました。

 『みろく庵』があるのは、JR千駄ヶ谷駅を出て、西に5分ほど歩いたところ。将棋会館は南なので、別の方向になります。

 食べログではそば・うどん・和食のカテゴリーになっているのですが、基本的には定食屋で、夜は居酒屋になるようです。古式ゆかしい店構えで、店頭のメニューも毛筆で書いてあります。

f:id:michsuzuki:20150318164511j:plain

 店内も居酒屋っぽい雰囲気。

f:id:michsuzuki:20150318174253j:plain

 テレビが置いてあったり、相撲の番付表が貼ってあったりするのは懐かしい感じ。

f:id:michsuzuki:20150318180913j:plain

f:id:michsuzuki:20150318181451j:plain

 早速、メニュー表を見て、カキフライ定食とチキンカツ定食を注文すると、年配の女性店員さんに「これからお二人目が来られるんですか?」と尋ねられます。

 いや、実はこれこれこういう理由で……と説明すると、店員さんは爆笑。「全部食べられるの?」「おかずのほかは一緒だよ」と言いつつも、用意してもらえることになりました。絶対誰かが同じことをしただろうと思っていたのですが、そんなことはなかったようです。

f:id:michsuzuki:20150318174406j:plain

 数分後に届いた料理がこちら。手前がカキフライ定食で、奥がチキンカツ定食。メイン料理に加えて、ご飯、味噌汁、煮物、冷奴が付いています。

f:id:michsuzuki:20150318174934j:plain

 こちらは上からの写真。間違いなく2人分です。

f:id:michsuzuki:20150318174916j:plain

 上からの写真では、比較のためにペンを左上に置いたのですが、結構な量であることが分かるでしょう。「出前でも同じものが届くんですか?」と聞くと、弁当で届けることになるものの、量は同じであるとか。

 食べながら、店員さんの話をうかがうと、棋士たちは出前をとるだけでなく、たまに直接、店にも訪れるとのこと。加藤九段もよく訪れているようなのですが、店員さんは将棋に詳しくないため、加藤九段と一緒に来た将棋誌の人から聞いて初めて棋士だと認識したそうです。

f:id:michsuzuki:20150318174327j:plain

 30分ほどかけて、何とか二人分の料理を完食。山手線の内側なのに、家庭的な料理を味わえてうれしかったです。

f:id:michsuzuki:20150318181511j:plain

 『みろく庵』はそば屋の『ほそ島や』、うなぎ屋の『ふじもと』と並んで、棋士が出前で愛用する店。過去の記録を見ると、羽生善治名人や渡辺明二冠もいろいろと頼んでいることが分かります。ある意味、将棋の聖地ともいえる店なので、近くに行く機会があれば訪れてみるといいかもしれません。

 なお、加藤一二三九段が夕食二手指しを行った2月12日の一戦は、三枚堂達也四段の勝ちで終わっています。

f:id:michsuzuki:20150318202750p:plain