スズキオンライン

なにか役立つことを書きたいです

株主優待よりアツイ!? 3月決算企業でオススメの株主総会ランキング

スポンサーリンク

 上場企業には3月決算が多いことから、この時期、株主優待についての記事が目立つようになります。居酒屋の金券や航空会社の割引券などが人気ですね。

 そんな中、見逃されがちなのが権利確定日に株を持っていると、株主総会に参加する権利も得られるということ。株主優待と違って直接的なメリットは見えにくいのですが、経営陣に直接質問できたり、お土産をもらえたりするのです。企業によっては、新情報が出されたり、アミューズのようにコンサートを開催したりすることもあります。

 株主優待では一定以上の株式を持っていないと優待をもらえないこともありますが、株主総会には最低単元持っているだけで参加できます。最低単元といっても数十万円必要なのですが、権利確定日に買って翌日に売れば問題ありません。価格変動リスクが嫌なら、信用売りと組み合わせれば1000~2000円程度の手数料のみの出費で済むでしょう(逆日歩には注意)。

 そこで、株主総会に参加すると面白いんじゃないかという3月決算の上場企業(業界)をランキング形式で選んでみました。なお2016年の権利確定日は3月28日で、株主総会は3カ月後の6月に開催されます。

 

▼5位 がけっぷち企業

 経営が順調な企業だと、株主総会で質問がほとんどないこともあります。一方、赤字決算が出るようなことがあれば、質疑応答が非常に荒れ……盛り上がります。

 その代表的な企業が、大手家電メーカーのシャープと東芝。シャープは液晶投資の失敗、東芝は不適切会計問題で大赤字。投資家から寄せられるだろう厳しい質問に経営陣はどう答えるのか。

 メディアの関心も高い株主総会になるはずなので、テレビに映りたい人は会場外でインタビューを受けてはどうでしょう。「経営陣に危機感が足りない!」とかテレビ映えしそうなコメントをしておくと、使われやすくなるはずです。

 ただし、シャープは本社のある大阪で株主総会が行われるはずなので、関西圏以外の人は注意が必要。

 →シャープ経営陣"針のむしろ"3時間の全容(東洋経済オンライン)

銘柄コード企業名3月18日終値単元株価格
6502 東芝 200円 20万円
6758 シャープ 138円 13万8000円

 

▼4位 アニメ関連会社

 アニメ関連会社では、質疑応答でアニメについての突っ込んだ質問が出てきて、経営陣もそれに真摯に答えてくれるので勉強になります。例えば、東映アニメーションではプリキュアの質問が多く出ています。

 →東映アニメーション 第77期定時株主総会(Togetterまとめ)

銘柄コード企業名3月18日終値単元株価格
4816 東映アニメーション 4980円 49万8000円
9605 東映 892 89万2000円
9467 アルファポリス 3330円 33万3000円

 

▼3位 名物社長のいる会社

 普通に昇進して今の地位に就いたいわゆるサラリーマン社長だと無難な発言に終始したりするのですが、長年経営に携わってきて酸いも甘いもかみ分けてきたオーナー社長だと面白い話を聞けることがあります。

 その代表格としてはソフトバンクの孫正義社長、日本電産の永守重信社長などが挙げられるでしょう。ただ、ソフトバンクは例年、ニコニコ生放送などで生中継しているので、質問するのでなければ行かなくてもいいかもしれません。また、別の意味で名物経営者と言えるベネッセHDの原田泳幸社長(元日本マクドナルド社長)もポイントかもしれません。

 →日本電産の“ファン感謝デー”「孫さんに学んでいます」カリスマ経営者との問答で沸く株主総会(産経WEST)

銘柄コード企業名3月18日終値単元株価格
6594 日本電産 7966円 79万6600円
9783 ベネッセHD 3475円 34万7500円
9984 ソフトバンク 5620円 56万2000円

 

▼2位 ゲーム関連企業

 一番の注目は岩田聡氏の急逝にともない君島達己氏に社長交代した任天堂でしょう。先日、スマホで『Miitomo』をリリースしましたが、今後のスマホ戦略についての質問が集中するはずです。コンテンツに関する質問には宮本茂専務も答えてくれるかもしれません。

 ほかにもサンライズも抱えるバンダイナムコHDや、老舗のスクウェア・エニックスHDは盛り上がる印象があります。ラブライバーやアイマスPならバンダイナムコHDは外せないでしょう。

 →株主がネタをぶっ込んでくるバンダイナムコHD株主総会、質疑応答がほぼコンテンツへの苦情大会に(市況かぶ全力2階建)

 また、4位のアニメ関連企業とも共通するのですが、お土産でグッズをもらえることが多いのも隠れたメリットです。

銘柄コード企業名3月18日終値単元株価格
2121 ミクシィ 4135円 41万3500円
2432 ディー・エヌ・エー 1837円 18万3700円
3635 コーエーテクモHD 1762円 17万6200円
6460 セガサミーHD 1276円 12万7600円
6758 ソニー 2936円 29万3600円
7832 バンダイナムコHD 2439円 24万3900円
7844 マーベラス 952円 9万5200円
7974 任天堂 1万5265円 152万6500円
9684 スクウェア・エニックスHD 2906円 29万600円
9697 カプコン 2588円 25万8800円
9766 コナミHD 2979円 29万7900円

 

▼1位 カドカワ

 ネットとリアル双方で存在感のあるメディア企業ということで、一番面白そうなのはやはりカドカワでしょう。多くのヒットコンテンツを生み出し、N高等学校やカクヨム、電ファミニコゲーマーのような新しいチャレンジも行う一方、さまざまなトラブルにも遭遇するなど話題が絶えません。海外動画サイトが攻勢を強めているので、ニコニコの未来も心配です。

 また、ドワンゴ時代から裏方に徹していた川上量生氏が昨年の総会で社長に就任したことで、今年の総会は川上さんが恐らく初めて議長を務めるだろうこともポイント。そして経営陣として角川歴彦さん、浜村弘一(浜村通信)さん、夏野剛さんといった著名人が参加するので、野次馬的な評価も高いです。

 →#KADOKAWA・DWANGO株主総会 まとめ(Togetterまとめ)

 カドカワは昨年の総会で社名をKADOKAWA・DWANGOから変えたのですが、英語名はKADOKAWA DWANGO CORPORATIONと妥協の産物のままでややこしいので、ここをいつ修正するか個人的には聞いてみたいところです。去年の総会で英語名もKADOKAWAとするような修正動議を出したら、うっかり可決されたのではないかという気もしますが。

f:id:michsuzuki:20160319180804p:plain

銘柄コード企業名3月18日終値単元株価格
9468 カドカワ 1690円 16万9000円

 

▼はてなの株主総会は10月

 買いあおりのポジショントークに思われたくないので一応コメントしておくと、現在、僕はノーポジです。もちろん総会に行くために、どこかの株を買うかもしれませんが。また、権利確定日に大きな発表や事件があると、1日で株価が乱高下することもあるのでご注意を。

 ちなみに、われらがはてなは7月期決算なので、株主総会という名の公式オフ会は10月中旬に行われます。参加したい人は7月26日の権利確定日に株を保有しておきましょう。恐らく京都で開催されるのが問題ですが……。