スズキオンライン

なにか役立つことを書きたいです

「代表取締役を退任する近藤淳也氏が株の過半数を持っているが、特にやりにくくなるということはない」――はてな 2017年株主総会の内容まとめ

 10月26日10時から行われた株式会社はてなの株主総会。

直近決算説明会資料:2017年7月期 通期決算説明会資料(株式会社はてな)

株主総会資料:第17回定時株主総会招集ご通知(株式会社はてな)

2016年株主総会:初総会で株主にお~いお茶が振る舞われる-はてな 2016年株主総会の内容まとめ

 業績は増収増益。最近、話題になる機会が減っているので、ちょっと意外に感じる人もいるかもしれません。

f:id:michsuzuki:20171018023007p:plain

 ただし、2018年7月期は増収減益予想。人件費とデータセンター利用料が主な要因。

f:id:michsuzuki:20171026061658p:plain

f:id:michsuzuki:20171026061927p:plain

 分野別ではコンテンツマーケティングサービス(オウンドメディア支援事業)が6億2900万円、コンテンツプラットフォームサービス(はてなブログやはてなブックマークなど)が5億7900万円、テクノロジーソリューションサービス(受託事業)が6億8300万円。

 個人的にははてなブログやはてなブックマークがだんだん使われなくなっている印象があるのですが、売上は順調に伸びています。

f:id:michsuzuki:20171018030634p:plain

 はてなサービスの月間ユニークブラウザ数やユーザー数も伸びているようです。2016年7月にASKAさんがブログを開設したことも大きかったかもしれません。

f:id:michsuzuki:20171026063241p:plain

 今回の最大のポイントは物件ファンを近藤淳也さんに譲渡&株主総会での会長退任と非常勤取締役就任を発表したこと。

 近藤さんは新規事業担当で既存サービスにはもう深くはタッチしていないようなので、影響はそれほどないはず。しかし、インターネット黎明期からユーザーコミュニティと向き合ってきた第一人者が退任する象徴的な意味合いは大きいでしょう。

 栗栖義臣社長が今年8月から急にブログ更新頻度が上がったのは、自分が中心になってまとめないといけないという意識からかもしれません。

f:id:michsuzuki:20171026063605p:plain

▼ここ一年の主な動き

1月18日 新マンガビューワを「少年ジャンプ+」が採用

6月27日 マンガビューワ「GigaViewer」 集英社「となりのヤングジャンプ」で採用

7月21日 Nintendo Switchソフト「スプラトゥーン2」のゲーム連動サービスを共同開発

7月31日 小林直樹CFOが退任して、田中慎樹さんが後任に

9月26日 物件ファンを近藤淳也さんに譲渡&株主総会での会長退任と非常勤取締役就任を発表(はてな創業者・近藤会長、代表取締役を退任へ

 

▼議案

・定款一部変更の件→取締役の任期を2年から1年に。補欠監査役の選任を2年ごとに

・取締役4名選任の件→小林直樹CFOが退任。近藤淳也さんが非常勤取締役に

・補欠監査役1名選任の件→片岡圭太さんが新任

 

▼株主総会のTwitter実況

 株主総会の様子は僕のTwitter(@michsuzu)で「#はてな株主総会」のハッシュタグをつけてツイートしていたので、ここでまとめておきます。