スズキオンライン

なにか役立つことを書きたいです

グリー株主総会2019レポ|「ゲーム部プロジェクト等でクリエイター側と経営側がチームとして動けていない」→荒木英士取締役「他業界でもある問題だが、関係性を築き、お互い協力してやっていき、成熟度を上げていくしかない」

スポンサーリンク

 こんにちは、すずきです。

 9月25日14時から行われたグリー株式会社の株主総会。売上の中心はスマホゲームですが、最近はVTuberの未来に一番賭けている会社として知られています。

直近決算説明会資料:2019年6月期決算説明資料

株主総会資料:定時株主総会招集通知

前回株主総会:グリー株主総会2018レポ|『アナザーエデン』のガチャは確率表記通り排出、調査完了したらユーザーに説明して近日中に再開したい

 業績は減収減益。新規アプリリリースによる不確定要素があるため、来期予想は非開示です。

f:id:michsuzuki:20190921165338p:plain

 グリーの事業は、ゲーム事業、広告・メディア事業、ライブエンターテインメント事業の3つ。現在の売上はゲーム事業が9割以上を占めていますが、残りの2つをこれから伸ばしていく方針

f:id:michsuzuki:20190921192355p:plain

 ゲーム事業の中心はスマホアプリで、タイトルとしては『SINoALICE ーシノアリスー』『アナザーエデン』『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~』など。

 『アナザーエデン』は前年のガチャ不正操作プログラム問題から復調しています。開示の仕方からあまり額は大きくなさそうですが、海外展開でも売上を伸ばしています。

f:id:michsuzuki:20190925075444p:plain

f:id:michsuzuki:20190925075412p:plain

 新規事業の中心は、VTuberなどのライブエンターテインメント事業。

 ただ、最近のVTuber業界は拡大が一段落。キズナアイやゲーム部プロジェクトで演者の追加・交代でザワザワするなど、中の人関連のゴタゴタが目立つようにもなっています。

f:id:michsuzuki:20190925082026p:plain

ここ一年の主な動き

2018年10月22日 ライブ配信アプリ「REALITY Avatar」提供開始

10月30日 VTuberの「ゲーム部プロジェクト」をプロデュース・運営するバーチャルユーチューバー(現・Unlimited)と資本業務提携契約を締結

2019年1月23日 エンターテインメント領域に特化したファンコミュニティ・プラットフォーム「Fanbeats」を提供開始

1月29日 『アナザーエデン 時空を超える猫』グローバル版サービス開始

1月31日 Nintendo Switch『釣りスタ ワールドツアー』DL配信開始

2月9日 Supercellへの特許侵害訴訟で和解成立

2月15日 バーチャルガールズユニット「KMNZ(ケモノズ)」初の単独VR音楽ライブ「KMNZ VR LIVE」開催(KMNZ初単独VRライブに見た“二次元と三次元の壁が溶ける瞬間”(リアルサウンド テック))

5月27日 Wright Flyer Live Entertainmentとバーチャルキャストが戦略的事業提携

6月6日 スマホゲーム『AFTERLOST -消滅都市』配信開始

8月27日 ゲーム部、9月1日から新体制 声優や動画制作スタッフもクレジットへ(KAI-YOU.net)

議案

(1)余剰金の配当→1株につき10円の普通配当

(2)取締役9名選任→全員再任

(3)監査役1名選任→瀬山雅博さんが退任、松島訓弘さんが新任

株主総会のTwitter実況

 例年、株主総会は10時開始だったのですが、今年から14時開始に。株主は参加しやすいですし、スタッフも余裕をもって準備できますね。

 株主総会の様子は僕のTwitter(@michsuzu)で「#グリー株主総会」のハッシュタグをつけてツイートしていたので、ここでまとめておきます