スズキオンライン

なにか役立つことを書きたいです

『恋する小惑星』『異種族レビュアーズ』『群れなせ!シートン学園』『ランウェイで笑って』など良新作が多数――2020年1月期アニメ第1話人気ランキング

スポンサーリンク

 こんにちは! すずきです。2020年1月期(冬アニメ)の第1話がニコニコ生放送で出揃いました。

 いつものように番組の最後に行われる視聴者アンケートの「とても良かった」の割合でランキングを作っていたのですが、最終結果は次の表のようになりました。

2020年1月期アニメ(冬アニメ)、ニコ生上映会支持率ランキング(スクショ付きの結果はこちら)

過去のニコ生上映会支持率ランキングはこちら

2020年冬アニメ第1話支持率ランキング

作品名 支持率 期数 原作 制作会社
1 恋する小惑星 89.2 1 まんがタイムきららキャラット 動画工房
1 異種族レビュアーズ 89.2 1 ドラドラしゃーぷ# パッショーネ
3 とある科学の超電磁砲T 84.7 3 月刊コミック電撃大王 J.C.STAFF
4 群れなせ!シートン学園 81.6 1 サイコミ Studio五組
5 異世界かるてっと2 81.0 2 オリジナル スタジオぷYUKAI
6 Re:ゼロから始める異世界生活 80.8 1.5? 小説家になろう WHITE FOX
7 ランウェイで笑って 80.5 1 週刊少年マガジン Ezo'la
8 虚構推理 78.0 1 講談社ノベルス ブレインズ・ベース
9 織田シナモン信長 77.4 1 月刊コミックゼノン スタジオ サインポスト
10 マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 75.4 1? スマホゲーム? シャフト
11 SHOW BY ROCK!!ましゅまいれっしゅ!! 75.3 4? スマホゲーム キネマシトラス
12 ネコぱら 74.8 1 ゲーム FelixFilm
13 ソマリと森の神様 74.4 1 WEBコミックぜにょん サテライト、HORNETS
14 A3! 70.1 1 スマホゲーム P.A.WORKS×Studio 3Hz
15 痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 63.1 1 小説家になろう SILVER LINK.
16 地縛少年花子くん 58.1 1 月刊Gファンタジー Lerche
17 宝石商リチャード氏の謎鑑定 55.3 1 集英社オレンジ文庫 朱夏
18 BanG Dream! 3rd Season 54.8 3 メディアミックス サンジゲン
19 ダーウィンズゲーム 53.1 1 別冊少年チャンピオン Nexus
20 プランダラ 50.2 1 月刊少年エース GEEKTOYS
21 うちタマ⁈ ~うちのタマ知りませんか?~ 44.0 1? グッズ MAPPA、ラパントラック
22 魔術士オーフェンはぐれ旅 42.6 3? 富士見書房 スタジオディーン
23 ID:INVADED イド:インヴェイデッド 39.4 1 オリジナル NAZ
24 <Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 32.9 1 小説家になろう NAZ
25 ARP Backstage Pass 27.0 1    
26 22/7 25.8 1 デジタルアイドル A-1 Pictures
- へやキャン△ 2 COMIC FUZ C-Station
- 映像研には手を出すな! 1 月刊!スピリッツ サイエンスSARU
- 推しが武道館いってくれたら死ぬ 1 月刊COMICリュウ エイトビット
- ヒーリングっど プリキュア 17 オリジナル 東映アニメーション
- へんたつ 1 Twitter irodori

※今期アニメでニコ生で流れていない主な作品は、支持率の枠に「未」と書いて表に入れています

 新作では『恋する小惑星』と『異種族レビュアーズ』が支持率89.2%で並んでトップ。

 『恋する小惑星』の舞台は高校の地学部。幼いころに出会った男の子に「小惑星を見つけて男の子の名前を付ける」と約束した女の子が主人公。その男の子は実は女の子で、地学部で再会するというきらら系にはよくある話。

 百合っぽい展開を、美しい星空が背景となって彩るという意味では、『ゆるキャン△』と似ているかも。

f:id:michsuzuki:20200120162121p:plain

 1話は百合百合した流れで「天文はおまけかな?」とも感じたのですが、KADOKAWAのYouTubeチャンネルを見ると、用語解説的な動画を毎週出しているので、これから専門的な領域にも踏み込んでいくのかも。

f:id:michsuzuki:20200120162533p:plain

 同じく新作トップとなったのが『異種族レビュアーズ』。

 舞台は、人間やエルフ、妖精、獣人など、さまざまな種族が共生する異世界。主人公たちレビュアーが、エルフや妖精がはたらく風俗店で受けたサービスをクロスレビューで評価していく物語。

 風俗的な内容は他作品でもよく見かけますが、あくまでサブ的な位置付けだったのに対し、『異種族レビュアーズ』はど真ん中から描いているのが画期的なところ。

 そして、ど真ん中から描いているがゆえに、普段、我々が抱いている偏見が明確に浮き上がってくるのが面白いですね。500歳のかわいいエルフに対し、「かわいいからいいんだ!」「年齢が高すぎるでしょ」など、さまざまな種族がクロスレビューする様子からは、多様性が叫ばれる現代社会へのメッセージも感じます。

 ニコニコ静画出身らしい、建前をすべて取っ払った感じはOPからでも伝わってくるので、ぜひこれだけでも見ていただければ。

 支持率81.6%で新作3位の『群れなせ!シートン学園』は、擬人化された動物たちが生活する高校が物語の舞台。

 それぞれの動物の特性をキャラクターの性格付けに活用していて、学園ものの『けものフレンズ』と言えるでしょう。1話ではオオカミやシマウマ、クマなどの特性が、物語の味付けに使われていました。ただ、男性(オス?)も多く登場して、主人公も人間の男の子という点が、『けものフレンズ』とは違うところ。

 CM前とCM明けに実写パートを使ってるのは『けものフレンズ』っぽいですね。

f:id:michsuzuki:20200120214344p:plain

 支持率80.5%の『ランウェイで笑って』は、ファッションデザイナーを目指す男子高生と、低身長ながらもパリコレのトップモデルを目指す女子高生というダブル主人公の物語。

 世の中、ダメなものを普通のところまで持ってきてハッピーエンドとする物語は多いのですが、『ランウェイで笑って』のすばらしいところは、高みを目指すところを真摯に描いているところ。

 「ダメ→普通」は比較的、描きやすいのですが、「普通→高み」は高みを理解しないと描けないので難しいんですよね。構造としては競技かるたの世界を描く『ちはやふる』に似ているかもしれません。

 『週刊少年マガジン』連載の作品で、アニメ放送前から人気があり、僕も読んでいるのですが、強メンタル過ぎるヒロインには元気をもらっています。絵が動くことでファッションをよりアピールできるアニメで、どこまで人気が広がるか楽しみにしています。

 続編では『とある科学の超電磁砲T』が支持率84.7%と堅調なスタート。

 前作は2013年で、7年ぶりの放送だったことを考えると高めですね。本編の『とある魔術の禁書目録』は2018年に8年ぶりに放送された時、1話の支持率が74.0%とやや出遅れていたので。禁書の時よりSNSも盛り上がっている気もします。

f:id:michsuzuki:20200121022659p:plain

 本題とは外れますが、ニコ生でのアニメ生放送の数が増えている気がします。

 ここ3年のクールごとの新作アニメ生放送の本数を調べると、20(17年冬)→21(春)→24(夏)→27(秋)→28(18年冬)→25(春)→19(夏)→26(秋)→20(19年冬)→20(春)→22(夏)→25(秋)→26(20年冬)

 新作全体の本数も影響してそうですが、ドワンゴが黒字化してることと無縁ではないでしょう。

f:id:michsuzuki:20200121024250p:plain