スズキオンライン

なにか役立つことを書きたいです

創通臨時株主総会2020レポ|難波秀行社長「バンダイナムコHDと一体化された後も自主独立を保つので、ガンダム版権で“けん制がきく”メリットは享受できる」

スポンサーリンク

 1月27日10時から行われた株式会社創通の臨時株主総会。

直近経営資料 2019年8月期 決算説明会資料2020年8月期 第1四半期決算短信
株主総会資料 臨時株主総会招集通知
前回株主総会 創通株主総会2019レポ|難波秀行社長「バンダイナムコグループの一員となっても、ガンダムのクオリティコントロールに関する姿勢は変わらない」

 創通は機動戦士ガンダムの版権を持つ会社。同じく版権を持つバンダイナムコHDからのTOBが成立したことで、バンダイナムコHDが82.05%の議決権を握る子会社となりました。

 そして、今回の臨時株主総会で創通株250万株を1株に併合する議案が通れば、1株未満の端数株は創通が買い取ることとなります。1株以上の創通株を持つのは、バンダイナムコHDのみになるので、2月27日にJASDAQ上場廃止となる見込みです。

ここ一年の主な動き

2019年7月中旬 バンダイナムコHDの田村三昭社長から株式併合の提案を受け、その後も多数協議

8月30日~10月8日 特別委員会を5回開催し、バンダイナムコHDとの取引について検討

10月9日 バンダイナムコHDが創通株のTOBを開始創通がTOBに賛成と意見表明

11月18日 「ガンダム」創通へのTOB価格48%引き上げ提案ー米ファンド(Bloomberg)

11月20日 創通「ガンダム安売り」買収が反対されるわけ(東洋経済オンライン)

11月22日 ガンダム版権の“40年戦争” バンダイが350億円を投じ大勝負(FRIDAYデジタル)

11月26日 バンナムHD、創通へのTOB終了 82%取得(日本経済新聞)

2020年1月15日 ガンダム&ハローキティ 新プロジェクト始動、対決結果発表とPV最終話公開

2月27日 JASDAQ上場廃止(予定)

議案

(1)株式併合→250万株を1株に併合

(2)定款一部変更→発行可能株式総数を6400万株から20株に&単元株式数についての項目を削除

株主総会のTwitter実況

 臨時株主総会の議案が通り、2月27日に上場廃止されると、端数株を創通が買い取ることで、創通はバンダイナムコHDの完全子会社となるため、一般株主が参加できる株主総会は今回が最後。

 バンダイナムコHD以外に創通株を持つ人はいなくなるので、どこまで参加者がいるか謎なのですが、このタイプの最後の株主総会には参加したことがないので、行くことにしました。

 株主総会の様子は僕のTwitter(@michsuzu)で「#創通株主総会」のハッシュタグをつけてツイートしていたので、まとめておきます

※この部分、ちょっと聞き取りにくかったのですが、「少数株主が金銭を受け取って株主でなくなるよう、割合を定めた」というのが本質的な意図だと思います

※質問者(筆者)の質問意図はこちらの動画で説明しています