スズキオンライン

なにか役立つことを書きたいです

パソナグループ 2018年株主総会の内容まとめ

 こんにちは、すずきです。

 8月17日13時から行われる株式会社パソナグループの株主総会に出席するので、概要をまとめておきます。

直近決算説明会資料:2017年度 決算説明会配布資料

株主総会資料:第11期 定時株主総会 招集通知

2017年株主総会:パソナグループ(2168)株主総会に行ってきた。気になる軽食&お土産の感想は?(総会おじさんの株式投資ブログ)

 業績は増収増益。来期も増収増益を見込んでいます。ただ、同業他社と比較すると、営業利益率は低め。

f:id:michsuzuki:20180814005635j:plain

 分野別では一見、全分野好調に見えます。ただ、売上と利益の構造にいびつさを抱えていて、売上最大の人材派遣関連の利益が、その4分の1以下の売上のアウトソーシングの利益を下回っている状況。

 ただ、2013年施行の改正労働契約法で、有期雇用社員は契約から5年過ぎると無期雇用に転換できるようになりました。法改正から5年経過し、4月から無期雇用への転換が始まり、パソナの売上の源泉である派遣社員の減少要因となっていることが不安視されています。

f:id:michsuzuki:20180816130558j:plain

 次の図は大株主のオアシスの提案書にあるものなのですが、パソナの地方創生事業が大赤字を出していることを問題視しています。

f:id:michsuzuki:20180817001715j:plain

 また、オアシスは取締役会の体制についても、問題提起しています。

f:id:michsuzuki:20180817003131j:plain

▼ここ一年の主な動き

2017年9月15日 地方公務員の恐ろしい告白「地域おこし協力隊を使って起業させた後は、追い出して乗っ取る」(ハーバービジネスオンライン)

9月24日 パソナ、なぜ農業・酪農に参入 本社に牧場を作った理由(朝日新聞デジタル)

11月8日 より「強い」パソナへ、オアシスからのご提案(オアシス・マネジメント・カンパニー)

11月10日 香港のファンド「パソナ、トップ主導の赤字事業は中止を」(日本経済新聞)

2018年1月17日 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 オフィシャルサポーター契約を締結

3月14日 パソナ総合研究所設立

3月17日 竹中平蔵氏が国家諮問会議で要求の施策、竹中会長のパソナが認定機関として事業展開(Business Journal)

4月2日 パソナマスターズ事業開始

6月1日 竹中平蔵パソナ会長、NHK番組で高度プロフェッショナル制度の拡大を力説→批判殺到(Business Journal)

7月5日 AR美少女が観光ガイド、KDDI・パソナがバーチャルキャラクター事業(Engadget 日本版)

 

▼議案

・取締役5名選任の件→全員再任

 

▼株主総会のTwitter実況

 一般的には高度プロフェッショナル制度を推し進めた竹中平蔵会長や、オリンピックのボランティア募集に関わる件が気になりますが、株主的には大株主のオアシスが株主総会に乗り込んでくるかが注目されます。オアシスは株主提案こそ出していないのですが、パソナ経営陣との面会を要求していながら果たされていないので、来る可能性はあると思うんですよね。

 株主総会の様子は僕のTwitter(@michsuzu)で「#パソナ株主総会」のハッシュタグをつけてツイートする予定なので、ご覧いただければ