読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スズキオンライン

きまぐれに更新しています

『追憶の青』のような縦持ち横スクロールアクションは人気ゲームがないのでカテゴリーリーダーになりたい-グリー 2016年株主総会の内容まとめ

株主総会

 9月27日10時から行われたグリー株式会社の株主総会。

直近決算説明会資料:2016年6月期第4四半期 決算説明会資料(グリー株式会社)

株主総会資料:第12回定時株主総会招集ご通知(グリー株式会社)

2015年株主総会:【新・株主総会ライブ】GREE〜日本の株主はおとなしすぎる、モノを言うことが会社のためになる(Mulan)

 かつてはケータイゲームのプラットフォーマーとして君臨していましたが、コンプガチャ騒動やスマホ対応の遅れなどから売上は減少続き。一方、リストラを進めたことなどで、純利益は2016年度に黒字化しています。

 9月21日に業績上方修正を出しているのですが、売上減少はまだ続いていますね。

f:id:michsuzuki:20160927015839p:plain

 ためこんだキャッシュをどうするかがひとつのポイントで、VRと広告メディア事業への投資に注力しているようです。

f:id:michsuzuki:20160927021043p:plain

 ゲーム事業では、グリープラットフォームでのリリースからネイティブアプリへのシフトを進めています。既存タイトルでは『消滅都市』『釣りスタ』が安定。

f:id:michsuzuki:20160927021651p:plain

 直近では子会社のWright Flyer Studiosがバンナムと共同で進めている『ソードアート・オンライン メモリー・デフラグ(メモデフ)』や、LINEと共同で進めている『追憶の青』が好調です。

f:id:michsuzuki:20160927022957p:plain

 広告メディア事業は実はかなり伸びています。最近、ゲームアプリなどで「動画を見るとハートを1個回復」といった仕組みが増えていますが、それを提供しているのがADFULLYです。

f:id:michsuzuki:20160927023700p:plain

 下落の一途をたどってきた株価は、メモデフ好調での業績上方修正などを受けて反発していますが、往時と比べるとまだまだ。

f:id:michsuzuki:20160927023330p:plain

▼ここ一年の主な動き

2015年6月24日 グリー、LINEとの共同出資による新会社「Epic Voyage株式会社」を通じた第1弾タイトルとなるダンジョンRPG「LINE タワーライジング」を提供開始

11月5日 グリー、500以上の事業者・専門家が参画する 住まいのビジュアルプラットフォーム「LIMIA」を開始

11月6日 グリー、バーチャルリアリティコンテンツ市場への参入を目的とした新スタジオ「GREE VR Studio」を設立

2016年3月10日 グリーとHTC、バーチャルリアリティ事業における業務連携で合意

5月10日 フジテレビとグリー VR(仮想現実)領域におけるサービスおよび事業開発で業務提携を発表

6月30日 グリー子会社Glossom、国内最大級のスマートフォン向けSSPを提供するADFULLYの株式を取得し完全子会社化

8月9日 小学館とグリー子会社Glossom、包括的業務提携に向け基本合意

9月1日 グリー、スクウェア・エニックスと共同開発した「乖離性(かいりせい)ミリオンアーサーVR」の来春発売を決定

9月15日 ブシロードとグリー、スマートフォン向けゲームアプリの共同開発で資本業務提携

9月20日 Wright Flyer Studiosの最新作「追憶の青」を配信開始

 

▼議案

・第1号議案 剰余金の配当の件

 1株につき8円の普通配当

・第2号議案 取締役9名選任の件

 青柳直樹さんが退任するほかは全員再任

・第3号議案 監査役3名選任の件

 濱田清仁さんが退任して島宏一さんが再任

 

▼株主総会のTwitter実況

 今回の株主総会の注目点は、売上反転に向けてのゲーム事業のテコ入れや投資の方向性などでしょうか。VR投資を担当していた青柳さんが退任するのも気になるところです。

 株主総会の様子は僕のTwitter(@micusuzu)で「#グリー株主総会」のハッシュタグをつけて実況していたので、内容をまとめておきます。