スズキオンライン

なにか役立つことを書きたいです

日枝久会長が代表取締役退任――フジ・ メディア・ ホールディングス 2017年株主総会の内容まとめ

 6月28日10時から行われたフジ・ メディア・ ホールディングスの株主総会。民放の雄だった時代は遠い昔、今は視聴率4位となっています。

直近決算説明会資料:2016年度 決算説明会配布資料

株主総会資料:第76回 定時株主総会 招集通知

2016年株主総会:「嫌なら見るな」とフジテレビが発信したことはない-フジ・ メディア・ ホールディングス 2016年株主総会の内容まとめ

 業績は増収減益。本業の放送事業が減収減益な一方、都市開発事業が増収増益で落ち込みを支えています。

f:id:michsuzuki:20170625121030p:plain

 テレビ局の最重要指標が視聴率。フジ・ メディア・ ホールディングスは決算説明会で視聴率に触れていないのでテレビ朝日の資料を使いますが、6年前はトップだった視聴率がここ数年で急激に落ち、4位となっていることが分かります。

f:id:michsuzuki:20170628012040p:plain

f:id:michsuzuki:20170628012854p:plain

 放送事業不振の影響で番組制作費は5%減。ワイドナショーでの誤報騒動の遠因はこういったところにもあるのでしょう。

f:id:michsuzuki:20170625121511p:plain

▼ここ一年の主な動き

2016年7月22日 ポケモンGOが日本でサービス開始(開発元のナイアンテックに出資している)

8月1日 定額制配信サービス「FODプレミアム」開始

9月17日 フジゲームスとマーベラスとの協業で新作ゲームを制作することを発表

10月14日 在住外国人へ人材紹介「ビジョンコンサルティング サービシズ」子会社化

11月29日 外国人向け情報サイト「ジャパンインフォ」の子会社化

12月16日 ASKAの車内映像流出はフジテレビが求めたもの……東京交通新聞報じる 送迎などで9時間半、フジテレビは“正当な取材活動の範囲内”(ねとらぼ)

12月19日 フジテレビ社員が反社会的勢力へ利益供与か 「取材対象者から過剰な接待を受け……」“不適切な取材”で謝罪(ねとらぼ)

2017年3月23日 リアルエステートジャパン 「外国人向け民泊総合支援サービス」開始

5月30日 台湾に向け日本青果のネット販売事業開始

6月4日 松本人志「今後こういうことがあったら番組降りる」 フジ「ワイドナショー」、宮崎駿引退宣言の誤報に再度謝罪(ねとらぼ)

 

▼議案

・剰余金の処分の件→1株につき年間配当40円に

・取締役17名選任の件

→羽原毅さん(ビーエスフジ常務経営管理担当)、岸本一朗さん(フジテレビジョン常務営業担当)、横山淳さん(フジテレビジョン秘書室長)、松村一敏さん(ビーエスフジ専務総合調整・営業・事業開発担当)、石原隆さん(フジテレビジョン編成局長)、島谷能成さん(東宝社長)が新任。

 豊田皓さん(フジテレビジョン副会長)、亀山千広さん(フジテレビジョン社長)、大多亮さん(フジテレビジョン常務総合開発・コンテンツ事業・国際開発担当)、稲木甲二さん(フジテレビジョン専務編成制作・営業・事業・映画事業担当)、鈴木克明さん(フジテレビジョン専務報道・情報制作担当)、松岡功さん(東宝名誉会長)が退任

・監査役3名選任の件→全員再任

 

▼株主総会のTwitter実況

 今回の人事は、亀山千広社長が退任すると同時に、長年経営に携わってきた日枝久会長が代表取締役でない相談役に退く一方、宮内正喜さんがビーエスフジという傍流から本体の社長に就くことが最大のポイント。この一年では「さんまのまんま」「SMAP×SMAP」といった大型バラエティ番組が終了する一方、買収などで海外からの需要を取り込もうとしています。

 株主総会の様子は僕のTwitter(@micusuzu)で「#フジテレビ総会」のハッシュタグをつけてつぶやいていたので、ここでまとめておきます