スズキオンライン

なにか役立つことを書きたいです

ナムコ創業者中村雅哉さんの精神は継いでいきたい――バンダイナムコ 2017年株主総会の内容まとめ

 6月19日10時から行われたバンダイナムコホールディングスの株主総会。『ガンダム』『ラブライブ!サンシャイン!!』『ガールズ&パンツァー』などの人気IPを、さまざまなプラットフォームで展開している総合エンターテインメント企業です。

直近決算説明会資料:バンダイナムコHD2017年3月期決算説明会資料

株主総会資料:2017年(平成29年)第12回定時株主総会招集ご通知

2016年株主総会:バンダイナムコの株主総会に行ってきました(2016年版)(あまあまくろにくる)

 業績は増収増益、いずれも過去最高。

f:id:michsuzuki:20170613003447p:plain

 セグメント別で見ると、ネットワークエンタテインメント部門の好調さが目立ちます。けん引しているのは、全世界1億5000万DLを突破したアプリ『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』やPS4『ドラゴンボールゼノバース2』。

f:id:michsuzuki:20170613003743p:plain

 2017年度は景品・ロト事業(売上250億円)がネットワークエンターテインメント部門から移るトイホビー部門以外は保守的な計画。

f:id:michsuzuki:20170613004918p:plain

 IP別売上高ではドラゴンボールが倍近く伸びています。アプリ『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』が要因と推測できるのですが、2018年度はやや保守的な計画。

 逆に減った方では、妖怪ウォッチが3分の1に。ピークだった2015年度売上の552億円からは5分の1になっているので、時代の移り変わりの早さを思い知ります。

f:id:michsuzuki:20170618042248p:plain

▼ここ一年の主な動き

2016年8月29日 アプリ『ソードアート・オンライン メモリー・デフラグ』リリース

10月20日 ネット動画を活用した分散型動画メディア「876TV」 、YouTubeを皮切りに動画プラットフォームで展開

12月22日 動画広告配信プラットフォーム事業を展開するCMerTVと資本提携

12月26日 将棋電王戦優勝ソフト「Ponanza」を擁するAIベンチャー企業 HEROZと資本業務提携

2017年1月22日 元ナムコ会長の中村雅哉氏逝去

3月6日 「実物大 ユニコーンガンダム」新プロジェクト始動

4月3日 ライブ、イベント企画、グッズ販売事業 LE事業部を設立

4月12日 初のカジノ向けゲーミング機器『PAC-MAN VIDEO SLOT WILD EDITION』2017年夏より米国および南米地域にて稼働開始

5月16日 日本全国に新しいエンターテインメントを創出する専門組織 「BNJ PROJECT」始動

5月31日 アニメーター育成プログラム「サンライズ作画塾」2018年4月開設

 

▼議案

・剰余金の処分の件→配当を1株につき70円に

・取締役10名選任の件→10人全員が再任

・取締役を対象とする業績条件付報酬の内容の変更(業績条件付株式報酬制度への移行)の件→ストックオプションから現物株式を支給する方式へ

 

▼株主総会のTwitter実況

 株主総会の様子は僕のTwitter(@micusuzu)で「#バンナム総会」のハッシュタグをつけてつぶやく予定ですが、例年、会場内からの実況は禁止なので、総会の内容は終わってからつぶやくことになると思います。

 つぶやいた内容は、追加画像なども加えてここでもまとめておきます

 株主出席票の裏は、浅草花やしきの1日フリーパス引換券になっています。

f:id:michsuzuki:20170619164643j:plain

f:id:michsuzuki:20170619164651j:plain

※一部のムービーは撮影禁止だったので、ムービーが終了して株主総会の表示になったタイミングを狙って撮影

 →“パックマンの父”の戒名は「夢創院法遊日雅居士」、ナムコ創業者・中村雅哉さんのお別れの会に行ってきた

※石川さんは経営陣の中で唯一のナムコ出身者

舞台俳優「本番終了後に提示された出演料が生活保護以下。詐欺にでもあってる気分だよ。」 - Togetterまとめ

※株主総会は1人1問限定で、すべての株主が質問できるわけでもないので、こういう場を設けているようです。制限なく質問できるのですが、質問に集中しすぎて後ろの方にご迷惑をかけてしまったのは申し訳なかったです