スズキオンライン

なにか役立つことを書きたいです

『Ragnarok M』の日本配信が後回しなのは日本独自の法律や市場に合わせるため――ガンホー 2019年株主総会の内容まとめ

スポンサーリンク

 こんにちは、すずきです。

 3月22日10時から開かれたガンホーの株主総会。かつてはPCオンラインゲーム『ラグナロクオンライン』で知られ、2012年リリースのスマホパズルゲーム『パズル&ドラゴンズ』を大ヒットさせたものの、近年は苦戦が続いています。

直近決算説明会資料:決算説明資料

株主総会資料:株主総会招集通知

2017年株主総会:『エミル・クロニクル・オンライン』の商標は今後の新しい展開の可能性を感じてとった――ガンホー 2018年株主総会の内容まとめ

 業績は数年前からの減収減益トレンドが止まらず。

f:id:michsuzuki:20190307120635p:plain

 が、四半期ベースでは2018年第4四半期に大きく反転。

f:id:michsuzuki:20190307120713p:plain

 反転の最大の要因はパズドラの復活。

 10月末のパズドラ大感謝祭以降、アクティブユーザーが大きく増加したのです。

f:id:michsuzuki:20190307121214p:plain

 パズドラ大感謝祭の施策で一番大きかったのは魔法石のバラマキでしょう。年末にかけて魔法石200個(約1万2000円分)を配布したのです。

 かつて『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』『アナザーエデン』では不具合の“お詫び”として大量の課金石をばらまいた結果、復帰や新規獲得につながりました。『グランブルーファンタジー』もよくバラマキ施策をやっている印象があります。

 バランス調整や不具合対策が終わった後のバラマキは非常に効果的。ガチャゲーだと、ユーザーが大当たり画像をSNSにアップしてくれて、宣伝になったりもしますしね。

 ZOZO前澤友作さんの1億円お年玉バラマキキャンペーンにも象徴されるように、最近は広告にお金をかけるより、ユーザーに直接お金を渡した方が結果が出ている印象があります(ZOZOはその後、グダグダになっていますが)。

 ついにパズドラもバラマキの効果に気づいてしまったか・・・という感じですが、他のゲームも一度やってみるといいかも。昔、多くのユーザーがいたゲームほど効果が大きそうなので、LINEゲームとか向いてると思います。

f:id:michsuzuki:20190307121558p:plain

 日本のゲーマーにはあまり知られていませんが、新作で伸びているのがスマホMMOの『Ragnarok M: Eternal Love』。

f:id:michsuzuki:20190321151807j:plain

 世界各地で配信されていて、かなり人気が出てきているのですが、ガンホーのIR資料からはどれだけの売上利益なのか分かりません。ただ、『Ragnarok M』を運営する韓国の子会社グラビティのIR資料を見ると、その規模が分かります。

 第4四半期の予想値をそのまま算入すると、2018年度の売上は2845億3800万ウォン(約284億円)、営業利益は322億2700万ウォン(約32億円)。ガンホー全体に占める割合は売上が30.8%、利益が12.1%。利益率はパズドラほど高くないようです。

f:id:michsuzuki:20190321144402p:plain

 地域別に見ると、インドネシアを代表とする東南アジアでの成功が目立ちます。

f:id:michsuzuki:20190321150340p:plain

 

f:id:michsuzuki:20190321145952p:plain

 こうなると注目されるのは、最大の需要が見込まれる日本での配信。PC版ラグナロクオンラインの人気があった地域で『Ragnarok M』を配信していないのは、もう日本とロシアくらいしか残ってないんですよね。

 日本のスマホMMO市場は2016年12月に『リネージュ2 レボリューション』、2019年2月に『黒い砂漠 MOBILE』が出てきてヒットしているので、あまり遅れるとスマホMMO市場を固められてしまって危ない気もします。

f:id:michsuzuki:20190307123137p:plain

 日本配信が後回しなのにも関わらず、公式テーマ曲『Wish』(良い曲!)が日本語なのが面白いところ。公式PV冒頭で映るプロンテラの名を目にして、胸が熱くなる人も多いのでは。

ここ一年の主な動き

2018年4月10日 対戦型カードゲーム『クロノマギア』サービス開始

6月27日 妖怪探索位置ゲーム『妖怪ウォッチ ワールド』サービス開始

7月13日 子会社アクワイア開発の『OCTOPATH TRAVELER』発売

9月28日 ガンホー、吉本興業、サイバーエージェントが出資する合弁会社がモバイル向け新サービス「mspo(エムスポ)」の提供を開始

10月30日 パズドラ大感謝祭開始

10月31日 『Ragnarok M: Eternal Love』、東南アジア配信開始

12月11日 『ディバインゲート零』サービス終了

2019年1月9日 『Ragnarok M: Eternal Love』、北米・南米・オセアニア配信開始

1月26日 パズドラチャンピオンズカップ 闘会議2019

議案

・株式併合→10株を1株に

・定款一部変更→株式併合に応じた変更

・取締役9名選任→全員再任

株主総会のTwitter実況

 株主総会の様子は僕のTwitter(@michsuzu)で「#ガンホー株主総会」のハッシュタグをつけてツイートしていたのでまとめておきます