読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スズキオンライン

なにか役立つことを書きたいです

ブラジルVS. メキシコ戦後のブラジル大使館の朝食サービスに行ってきた@東京・外苑前

スポンサーリンク

 6月13日に始まったブラジルワールドカップ。日本は初戦のコートジボワール戦に負けてしまいましたが、世界中のスター選手が毎日試合に登場するとあって、寝不足になっている人は多いようです。

 そんな中、次のようなツイートを見かけました。ブラジル大使館ではワールドカップに合わせてパビリオンを設営しているのですが、ブラジル戦の後にはそこで朝食が振る舞われるとのこと。

 せっかく試みなので、ブラジルVS. メキシコ戦があった今日、ブラジル大使館に行ってみることにしました。

 ブラジルVS. メキシコ戦後の6時から開始ということなので、ハーフタイムが終わった5時過ぎに自宅を出発。5時45分くらいに外苑前のブラジル大使館に着きました。ちょっと早く着き過ぎたようで、まだ試合中だったので、テーブルの用意はしていたのですが、人はまばら。僕と同様に朝食サービスの話を聞いたっぽい野次馬の人たちが、椅子に座って待っていました。

f:id:michsuzuki:20140618055115j:plain

 6時に試合が終わると、ブラジル代表のユニフォームを着た人たちがぞろぞろと中から出てきます。メキシコ戦は引き分けだったので、テンションは低め。初戦のクロアチア戦は勝ったので盛り上がったでしょうね。

f:id:michsuzuki:20140618055250j:plain

 テーブルに料理やコンロなどが運ばれてきて、着々と準備が進みます。偉い人が最初にひと言というシーンがあるかと思ったのですが、そんなことはなく、勝手にみんなで食べ始めていました。

 写真は飲み物のテーブル。アサイーやコーヒー、オレンジジュースのほか、ブラジルの国民的飲料といわれるガラナもありました。

f:id:michsuzuki:20140618055421j:plain

f:id:michsuzuki:20140618062727j:plain

 別のテーブルではパンとフルーツを用意。初戦の時はハムもあったそうなのですが、微妙に内容が異なっていました。

f:id:michsuzuki:20140618062110j:plain

 そしてブラジルらしいのがキャッサバの粉を使った料理。お好み焼きのようにキャッサバの粉を焼いてから、チーズを包んで完成というシンプルなもの。

 食べてみると、味付けをせずにチーズだけを乗せたピザのような味がしました。なにも付けずに食べるようなのですが、ケチャップを付けるべきじゃないかなと思ったり。

f:id:michsuzuki:20140618061220j:plain

f:id:michsuzuki:20140618061321j:plain

 

 テレビ局も多数、取材に訪れていました。ちなみにこの写真でインタビューを受けているのはアンドレ コヘーア・ド・ラーゴ駐日大使です。 日本のテレビ局ではテレビ朝日「グッド!モーニング」の女性レポーターが来ていました。

f:id:michsuzuki:20140618061003j:plain

 朝食サービスは今後もブラジル戦の後にやるようなので、近くに行った時は寄ってみるのもいいかもしれません。次回は6月24日のカメルーン戦後になります。勝ったら盛り上がっている様子が見られるかも。

f:id:michsuzuki:20140618204023p:plain