スズキオンライン

なにか役立つことを書きたいです

一番のリスクはお客さまの気持ち。ニーズに合う映画館やマーケティングを磨くことが大事――東宝 2018年株主総会の内容まとめ

 こんにちは、すずきです。

 5月30日10時から行われた東宝株式会社の株主総会に出席したので、概要をまとめておきます。

直近決算説明会資料:2018年2月期決算説明資料

株主総会資料:2018年定時株主総会招集通知

2017年株主総会:2017株主総会日記(08):東宝 株式会社(雑の映画と株主総会ブログ)

 業績は増収増益。ただし、営業利益ベースでは減益。

f:id:michsuzuki:20180529132309p:plain

 セグメント別にみると、映画事業の営業利益がマイナス9.5%と目立っています。とはいえ、これは前期に『君の名は 。』 『シン ・ ゴジラ』といった大ヒット作品があった反動のようです。

f:id:michsuzuki:20180529133021p:plain

▼ここ一年の主な動き

2017年7月8日 『メアリと魔女の花』公開(興収32.9億円)

7月15日 『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』公開(興収35.5億円)

7月28日 『君の膵臓をたべたい』公開(興収35.2億円)

11月4日 「TOHOシネマズ 上野」オープン

12月9日 『DESTINY 鎌倉ものがたり』公開(興収31.7億円)

2018年2月4日 「TOHOシネマズ 日劇」が本日ついに閉館 ハッシュタグ「さよなら日劇」で多くの感謝を伝える声上がる(ねとらぼ)

3月3日 『映画ドラえもん のび太の宝島』公開

3月29日 「TOHOシネマズ 日比谷」オープン

4月13日 『名探偵コナン ゼロの執行人』公開

7月20日 『未来のミライ』公開予定

 

▼議案

・剰余金処分→配当を1株あたり32.5円に

・取締役(非監査等委員)14名選任→角和夫さん(阪急阪神HD代表取締役、監査等委員からの変更)、加藤陽則さん(経理財務担当付)が新任。千田諭さん(映像本部統括兼映画興行管掌)が退任

・取締役(監査等委員)3名選任→島田達也さん、角和夫さん(非監査等委員に変更)が退任

・取締役(補欠監査等委員)1名選任→太田大三さんが新任

 

▼株主総会のTwitter実況

 去年までは有楽町マリオンのTOHOシネマズ日劇が会場だったのですが、今年2月に閉館したため、今年はパレスホテルでの開催。パレスホテル会長の小林節さんが取締役であることが関係しているのでしょうが、ほかの映画館という選択ではないんですね。

 あと株主総会の運営が妙に丁寧になっていたのは、第3号議案「監査等委員である取締役3名選任の件」の一部候補者について、議決権行使助言会社であるISSが、候補者の独立性が十分に保たれていないとの理由から反対推奨したことも影響してそうです。 

 株主総会の様子は僕のTwitter(@michsuzu)で「#東宝株主総会」のハッシュタグをつけてツイートしていたので、ここでまとめておきます。