スズキオンライン

なにか役立つことを書きたいです

サイバーエージェント株主総会2019レポ|「『ウマ娘 プリティーダービー』は今(事業)年度中リリースを目指して鋭意開発中。退社した石原プロデューサーに代わり、木村唯人が取締役として関わっており、専任Pも任命している」

スポンサーリンク

 12月13日13時から行われた株式会社サイバーエージェントの株主総会。

 かつてはベンチャー企業の雄とされていましたが、来年3月で上場から20年。ベテランの風格を漂わせています。

直近経営資料 2019年9月期決算説明会資料決算説明会質疑応答
株主総会資料 定時株主総会招集通知
前回株主総会 サイバーエージェント株主総会2018レポ|AbemaTVは累積500億円の赤字だが1000億円以上の価値がある

 業績は増収、営業利益ベースでは増益ですが純利益ベースでは減益。来期は増収、営業利益ベースでは今期並み、純利益ベースでは増益を見込んでいます。

f:id:michsuzuki:20191207010417j:plain

 事業分野はインターネット広告、ゲーム、メディアの大きく3つ。

 創業時からのインターネット広告事業。売上は順調に伸びているのですが、営業利益が減少しているのが気になるところ。決算説明会では「企業の景況感に不安感がある」とコメントしてますね

f:id:michsuzuki:20191213001101p:plain

 ゲーム事業は国内市場の成熟化を受け、売上・利益は横ばい

f:id:michsuzuki:20191213001337p:plain

 ゲーム事業は公開年度別売上、直近セールスランキング、決算説明会紹介順などから推測するに、1位は順当に『グランブルーファンタジー』ですが、2位が『プリンセスコネクト!Re:Dive』なんですよね。『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』や『ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト』を上回ってます。

 2019年第4四半期(7~9月)の伸びは水着ガチャのせい疑惑もあるのですが、一度ダメになってからの復活という意味ではFF14を思わせます。最初だけ好調だった『ドラガリアロスト』みたいなことがなければ、来期は『ワールドフリッパー』も入ってくるかもしれません。

f:id:michsuzuki:20191213001744p:plain

 目下最大の課題が、AbemaTV擁するメディア事業。毎年200億円の赤字を出しているのですが、売上は伸びてきていますね。

 月額960円の有料会員も、2019年9月時点で51.8万人まで増やしています。他の要素を無視すると、有料会員を225万人まで増やせば損益分岐点に到達する計算。ニコニコのプレミアム会員が最高256万人(2016年)だったことを思うと、不可能ではないかも。

f:id:michsuzuki:20191213002415p:plain

ここ一年の主な動き

2019年1月7日 サイバーエージェントによる若手起業家への投資 通称「藤田ファンド」を再開

2月19日 「AbemaTV」と「DAZN」がパートナーシップを締結

3月20日 AmebaがKADOKAWAとパートナーシップ締結

3月27日 「AbemaTV」と「niconico」がパートナーシップを締結

4月26日 新オフィス「Abema Towers」をグランドオープン

9月9日 【魚拓】中途デザイナーとして入社したCygamesを退職しました(はてな匿名ダイアリー)

10月18日 オーナーからのメッセージ(FC町田ゼルビア オフィシャルサイト)

10月29日 技術職を対象に新副業制度「Cycle」を導入

11月27日 Cygamesが 『WORLD FLIPPER』をリリース

12月2日 PC版アメーバピグ、サービス終了

議案

(1)剰余金処分→期末配当を1株につき33円に

(2)監査等委員でない取締役12名選任→全員再任

(3)監査等委員の取締役3名選任→全員再任

株主総会のTwitter実況

 インターネット広告やゲームが変調をきたす前に、AbemaTVの収益化に成功できるかが最大のポイント。

 株主総会の様子は僕のTwitter(@michsuzu)で「#サイバーエージェント株主総会」のハッシュタグをつけてツイートしていたので、まとめておきます

※質問者(筆者)の個人的な見解はこちらの動画で