スズキオンライン

なにか役立つことを書きたいです

わずか1ページのシンプルな内容――「新党大地」の一般公開していない規約を開示請求したので全文公開します

スポンサーリンク

 7月2日の都議会選後、第一党となった都民ファーストの会では小池百合子氏→野田数氏、野田数氏→荒木千陽氏と、代表が短期間に2回交代しました。しかし、代表交代は代表選考委員会というブラックボックスの中で決められ、しかもそれを定めた党規約が一般公開されていないことが問題視されました。

 →“ブラックボックス”な都民ファーストの会の規約を開示請求して全文公開しようとしたら問題があったので概要を説明します

 →許可いただいたので情報開示した都民ファーストの会の規約を全文公開します

 そういう事態を今後起こしてはいけない、党を運営するための規約が公開されていない状態で選挙が行われるのはダメなのではないか、ということで10月22日投開票の衆議院議員選挙にあたり、インターネットに党規約を公開していなかった希望の党(後に公開)、立憲民主党(後に公開)、新党大地、幸福実現党、支持政党なしの規約を総務省に開示請求しました。

 投票日までに開示請求は認められなかったのですが、10月31日に希望の党の党規約の開示請求が通り、11月14日に残りの政党の開示請求も通りました。

 →小池百合子都知事は衆議院議員選挙に立候補するつもりだった!?――一般公開していない希望の党設立時の規約を開示請求して分かったこと

・衆院選比例区に候補を擁立した政党の規約へのリンク

自民党 希望の党 公明党 日本共産党
立憲民主党 日本維新の会 社会民主党 日本のこころ
新党大地 幸福実現党 支持政党なし  

 規約の全文公開については著作権の問題があるのですが、新党大地の党本部に電話で確認したところ、「公にしてあるものなので、自由にしてください」との言葉をいただいたので、新党大地の党規約を全文公開します。

 最新の第3版はテキストに起こしたのですが、第1~2版はスキャンした画像を張りつけています。

 発足当初は5人の国会議員を抱える国政政党だったとはいえ、いかんせん小規模なので規約はわずか1ページ。必要最小限のことしか書いておらず、代表選の規定もありません。主に北海道で活動する新党大地ですが、「事務所は東京都内に置く」としているところが突っ込みどころかもしれません。

▼新党大地 規約(最新の第3版、2012年11月27日~)

1 名称 本会は「新党大地」とする。

2 所在地 本会の事務所は、東京都内に置く。

3 目的 平成23年3月11日に東日本大震災が発生し、我が国は未曽有の大被害に見舞われ、我々は自然の持つエネルギーの大きさを改めて目の当たりにした。本会は、大震災を経て、大地に還り、大地に学び、自然を敬うという、日本の先住民族であるアイヌ民族の価値観に則り、自然との共生を図る重要性を訴えるものである。

そして、不当な差別、偏見、格差に苦しむ国民がいる現下の我が国の社会環境を是正し、額に汗し、努力した者が正当な評価を受けられる、真に公正で公平な社会実現を目指す。更には、道義、信義、節度を重んじる、日本古来の伝統的価値観に基づいた国家を建設するため、政治活動を行う。

4 事業 本会の目的を達成するために、次の活動を行う

(1)研究会、講演会の開催

(2)機関紙、その他の印刷物の発行

(3)関係方面への宣伝活動

(4)その他、目的達成に必要な事業

5 会員 本会の目的に賛同する者を会員とする。

6 役員 本会は、次の役員を置く。

代表、幹事長、幹事長代行、参議院議員会長など

7 経費 本会の経費は、会費、寄付金、その他の収入をもって充てる。

8 会計年度 本会の会計年度は、毎年1月1日から12月31日までとする。

 付則 本規約は、平成24年11月27日より実施する。

f:id:michsuzuki:20171115183758j:plain

▼新党大地 規約(第1版、2011年12月28日~2012年1月4日)

 最初の規約は結党日の2011年12月28日に届けられています。名前が「大地・真民主党」と現在とは異なっています。

f:id:michsuzuki:20171115184038j:plain

▼新党大地 規約(第2版、2012年1月5日~2012年11月26日)

 発足記者会見が行われた2012年1月6日の前日、規約の第2版が届けられています。名前が「新党大地・新民主」となったほか、第6条の役員に参議院議員会長を追加しています。

 第2版と現在の第3版との違いは名前が「新党大地」となったところのみです。

f:id:michsuzuki:20171115184041j:plain